【成功のコツ】ダイエットは継続が命。長続きする方法を紹介!

テクニック

せっかく1ヶ月かけてダイエットして3キロ減らしたのに、食事を戻したら体重も戻っちゃった・・・。
やっぱり短期間のダイエットはダメなのかなぁ?

うーん、短期間のダイエットは身体のむくみや水分が抜けて体重が減りやすいけど、脂肪はあまり減っていない・・・というケースが多いから、やっぱり長期で考えるのが良いと思う。
今回はダイエットを長続きさせるコツについて紹介していくね!

本記事の概要

こんにちは、Mokoです。
今回の記事では、ダイエットを長続きさせる方法と長続きさせるメリットなどについて詳しく解説していきます!
そもそも、「ただでさえ辛いダイエットを長い期間続けたくない!!」というご意見もあると思いますが、ダイエットは短期で解決しようとするほど難易度が高く、リバウンドしやすくなります。
実は長期で考えることでメリットがたくさんありますのでその辺も踏まえて解説いたします。
是非最後までご覧下さい!

この記事を読むと
・ダイエットを長続きさせる方法
・ダイエットを長期で考えるメリット

が理解できます。



ダイエットを長続きさせる方法

それではさっそくですが、ダイエットを長続きさせる方法を紹介していきます。

ここでいう長続きというのは「挫折しない方法」「楽しく続けられる方法」という意味合いで捉えていただければと思います。

次の4つがポイントです!

1.体重を毎日測らない

まず一つ目は体重を毎日測らないことです。

誤解を防ぐ為に先にお伝えしておきますが、決して「毎日計ってはいけない」ということではありません

ここでお伝えしたいのは、日々の体重の増減に一喜一憂すべきではない、ということです。

毎日体重を測ると、当然のことながらその日によって体重が異なります。
それは身体の水分量であったり、前日の食事内容、便通の状況なんかも影響してきます。

なので、例えば前日に一生懸命我慢して食事制限していたとしても、タイミングによっては体重が増えている・・・なんてことも起こり得るわけです。
そうなるとどう思うでしょう。
「せっかく頑張ったのに・・・」となりませんか?

日々の体重の増減は、ほとんどが水分の推移によるもので、脂肪の減少は最低でも週単位くらいじゃないと数字で確認するのは難しいです。

だったら、体重測定自体を週に1回程度に減らしてしまおう!というのがこの内容になりますが、毎日計ることを習慣にされている方、この内容を理解されている方はもちろん毎日体重測定しても問題ありません。

2.SNSを活用する

次にSNSを活用する・・・ということです。

どう活用するのかといいますと、SNS上でダイエット用のアカウント(元々のアカウントでも勿論OK)を作成して、SNSでダイエット状況を報告していく方法をお勧めします

自分はTwitterによく出没していますが、ダイエット専用のアカウントを作成されている方がたくさん居ます。
そこで、現在の体重や目標体重、日々の食事や運動内容などを共有していくことで、同じような目標を持っている方と繋がることが出来るため、モチベーションの維持に物凄く貢献してくれます

自分もダイエットしているときは状況をUPしつつ、励ましあったり、情報共有することで、ダイエットを円滑に進めることが出来ることを実感していますので、本当にお勧めの方法だと思います。

3.食事や体重・体型を記録する

次に日々の食事や体重、体型を記録しておくことです。

これは上述のSNSを活用することにも付随しますが、お勧めなのSNS上にUPしておくことです。
いつでも見ることが出来ますし、体型の変化を共有することで、ポジティブなコメントを貰ってモチベーションUPにも繋がります。

また、どういった食事をした場合に、どのような体重変化があったのかなどを記録しておくことで、体験が自身の糧になり、引き出しとなりますので、より上手なダイエットが出来るようになっていきます

もし停滞期などで体重がなかなか落ちないときに、ダイエット当初との体重を比較すれば「結果が出てる」と改めて感じることが出来るのもメリットですね。

4.挫折するくらいなら食べる

最後に、挫折するくらいなら食べる、ということです。

これは、食べるのを我慢して、我慢の限界が来てしまってダイエットを諦める・・・という方が案外多いのですが、我慢の限界が来たら一旦好きなものを食べれば良い、という話です。

1日くらい好きなものを食べてもほとんど脂肪には変わりませんし、それでストレスがリセットできるのであれば、それだけで大きなメリットです。

停滞期じゃなくても、ストレス発散のためにチートデイを設けることも全然ありだと思いますし、私もそうしています。

あまり極端に我慢せず臨機応変に考えていくことも、ダイエットにおいては重要なことだと思います。



ダイエットを長期で考えるメリットとは?

さて、それではダイエットを長期で考えるメリットとはどういったものでしょうか?
逆に考えると短期で考えるデメリット・・・ということにもなりますが、主に以下の3つが挙げられます。

1.長期間で痩せた方がリバウンドしにくい

まず一つ目は長期で痩せた方がリバウンドしにくいということです。

どちらかというと「短期で痩せるとリバウンドしやすい」が正解かもしれません。

どういうことかと言いますと、短期で痩せるということは、それだけカロリー摂取量を減らす、ということになりますよね

脂肪は確かに減るかもしれませんが、同時に筋肉も落ちていきます。
筋肉が落ちると代謝が落ちていきます。
更にカロリーを減らしすぎると、身体が省エネになり更に代謝は落ちていきます

しかも、短期間で痩せるために大幅にカロリーを削っていますので、目標体重を達成したらその食事は続けられませんよね?
代謝が落ちている状態で食事を戻したらどうなるでしょうか?

そう、リバウンドします。

長期間掛けて少しずつ体重を減らすことで、筋肉や代謝を極力落とさずに脂肪を減らしていくことが可能になってきますので、その分リバウンドがしにくいというわけですね。

2.健康に痩せられる

次に健康的に痩せられるということです。

これはそのままの意味合いですが、長期間かけて少しずつ痩せていくので、無理のないダイエットが可能になります。

大幅なカロリー制限は身体にも当然負担となりますので、やりすぎると風邪を引きやすくなったり、集中力がなくなったり、貧血を起こしたり・・・と健康被害に繋がる可能性もあります。

その辺も考えつつカロリー設定することをお勧めいたします。

3.習慣化しやすい

次に習慣化しやすいということです。

これは先ほどの内容にも付随しますが、「継続」する為に一番重要なことは「習慣化」だと思っています。

例えば、ダイエットの時に食べている食事や、ダイエットのための運動なども、それを「当たり前」にしてしまうことが一番手っ取り早いです。
そうすることによりダイエット終了後も「食べ過ぎた次の日はダイエット食にする」などが当たり前にできるようになります。

ですが、短期間で痩せようとするとどうしても無理がある食事や運動内容となってしまいがちなので、習慣化しにくく、一時的に体重が落ちてもすぐ元の生活に戻ってしまいリバウンド・・・という結果になりやすいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はダイエットを長続きさせるコツと、長期間を考えるメリットについて解説いたしました。

ダイエットは「急がば回れ」という言葉がぴったりだと思います。
脂肪は急に減らすことは難しいですし、やりすぎるとリバウンドが待っています。

是非この記事を参考にしていただいて、無理なく健康的に痩せられるダイエットを長期で考えてみましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。



この記事を書いた人
moko

JAPD認定ダイエットインストラクター
長年にわたりダイエットの研究を行っているダイエットに特化した専門家。
85kg(肥満) ⇒60kg(ガリガリ) ⇒70kg(筋トレで増量)⇒63kg(バキバキ)
しっかりと食べながら痩せるをモットーに効率良いダイエット方法を発信。
「Mokoのダイエット日記」では自身のダイエット方法を紹介していますので、是非チェックしてください!
Twitterでも活動してますのでフォローお願いします!

mokoをフォローする
テクニック
シェアする
mokoをフォローする
ダイエットの輪

コメント

タイトルとURLをコピーしました