【必読】ダイエット中にプロテインを飲むと太る?効果と重要性を解説!

食事・カロリー

そういえば、ダイエットするって言った時にプロテインを勧めてきた人がいるんだけど、私筋トレはしてないし、プロテインって筋トレしてないと太るんでしょ?
やめた方がいいよね??

確かに、筋トレしてないのにプロテインを飲むと太ると思われがちだよね。
じゃあ今日はダイエット中にプロテインを飲むと太るのか、そしてどういう効果があるのかを詳しく解説していくね。

【必読】ダイエット中にプロテインを飲むと太る?効果と重要性を解説!【正しい知識】

本記事の概要

こんにちはMokoです。
本記事ではダイエット中にプロテインを飲むと太るのか、そしてどういった効果があるのかなどについて詳しく解説していきます。
案外正しい知識を持っている方は少ないようにも思えますので、是非参考にして効率良いダイエットに役立てていただだければと思います。

この記事を読むとこんなことが理解できます

・プロテインを飲むと太るのかどうか
・ダイエット中のプロテインの効果とは
・プロテインのオススメの取り入れ方や注意点

ダイエット中にプロテインを飲むと太る?

それでは早速本題に入っていきましょう。

まずダイエット中にプロテインを飲んだら太るのか?という疑問についてですが、

太りません。

断言します。太りません。

理由を解説していきますね。

まず、プロテインというとムキムキのマッチョが飲んでる筋肉増強剤みたいなイメージを持たれている方も少なからず居るようですがそもそもプロテインというのはタンパク質を英訳した「Protein」が語源です。

早い話、タンパク質です。

三大栄養素である、タンパク質、脂質、炭水化物のうちの一つですが、この三つの中でも最も脂肪に変わりにくく、太りにくい栄養素となっており、掻い摘んで言うと、そのタンパク質を粉末化したものがプロテインパウダーと思っていただいて問題ありません。

また、選択するプロテインパウダーにも拠るところはありますが、ほとんどのプロテインはほぼ脂質は入っておらず、低糖質のものが多いため、純粋にタンパク質だけを十分に補うことが出来るサプリメントです。

ということは、超低脂質な肉類(ささみ肉など)を食べても太りにくいのとまったく同じ原理ということになります。

ダイエット食の代表格であるささみと同等と考えれば太りにくいのもわかりますよね?



ダイエット中のプロテインの効果とは

では、ダイエット中にプロテインを飲むことでいったいどのような効果があるのか・・・について詳しく解説していきます。

ポイントは大きく分けて以下の2つです。

・筋肉分解の抑制(筋肉合成促進)
・身体の健康をサポート

1.筋肉分解の抑制(筋肉合成促進)

まず、これがなにより重要な点となりますが、タンパク質の効果の一つとして、筋肉合成の促進および、筋肉分解の抑制が期待できます

筋肉合成の促進と聞くと「筋トレしてないなら意味無いじゃん」と思うかもしれませんが、ダイエット中においては「筋肉分解の抑制」がかなり重要になってきます

ダイエットをしていると、当然普段よりカロリー摂取量を抑える必要がありますよね。
カロリーを減らして身体のエネルギーが枯渇すると、人間は脂肪をエネルギーに変えて燃焼していくわけですが、実は同時に筋肉も分解してエネルギーに変えてしまいます。

筋肉が分解されてしまうと、基礎代謝量が低下して痩せにくい身体になるだけでなく、見た目的にもメリハリが無い身体になってしまう可能性があります。

そうなったら本末転倒ですよね。。

なので、ダイエット中は筋トレの有無に関わらずタンパク質を十分に摂取し、筋肉分解の抑制を意識する必要があるということです。

2.身体の健康をサポート

タンパク質は髪や肌、爪や骨などの原料となる栄養素でもあります。

ダイエット中どうしてもカロリーを抑えがちになりますが、タンパク質を摂るために主なタンパク源である肉や魚などをたくさん食べると、オーバーカロリーになる可能性が高いですし、低カロリーなお肉ばかりを食べ続けるのも辛いものがあるため、結果的に摂取量が少なくなってしまう傾向にあります

ただ、タンパク質が不足してしまうと身体の原料となる栄養素が足りなくなるわけですから、当然それに伴って身体にも影響が出てきます。
例えば肌荒れが起きてしまったり、爪がガタガタになってしまったり、最悪骨が折れやすくなってしまうなんてことも・・・!

健康面は勿論ですが、髪や肌を綺麗に保つという面においてもタンパク質摂取はかなり重要になってきます。



プロテインのオススメの取り入れ方や注意点

では実際にダイエット中にプロテインを取り入れる場合、どのようにすると効果的なのか、逆に注意すべきことはなにか・・・というところを説明していきたいと思います。

◆おすすめの取り入れ方

・摂取タイミングについて
タイミングは「朝一、運動後(筋トレ後)、寝る前」がオススメです。
朝一で摂る理由についてですが、身体は寝ている間にもエネルギーを消費しますので、寝起きの状態は身体のエネルギーが枯渇しがちエネルギーが枯渇していると筋肉の分解が起きてしまうため、朝にタンパク質を補うことで、筋肉の分解を抑制することを目的とします。また、食べ過ぎた翌日の朝食などはプロテインのみにするなど、置き換えとして使用することも可能です。
次に運動後ですが、筋肉増加(筋合成)の仕組みとして、特に筋トレなどの筋肉に強い負荷を与えた場合は、筋肉が損傷し、損傷した筋肉を回復させるときに筋肉が強くなりますこの筋肉合成にもタンパク質が使われますので、運動後にはプロテインで速やかにタンパク質を補充する必要があります
最後に寝る前に摂ったほうが良い理由ですが、前述の通り寝ている時もエネルギーが消費されていますが、実は寝ている最中にエネルギーが枯渇すると、睡眠中でも筋肉は分解されていきますこれを防ぐために寝る前のプロテインもオススメです

・摂取量について
ダイエット中に摂取するタンパク質量の目安は、体重×1.5g~2g程度を目安に考えていただければ効果的です。
製品によってタンパク質含有量が異なりますので、成分表を確認した上で利用しましょう。

◆注意点

・プロテインに作る際
基本的にダイエット中のプロテインは「水」で作ることをオススメします。
牛乳や豆乳で飲む方も多くいますが、実はこれらは結構な高カロリー飲料です。
身体には良いですが、カロリー摂取の観点から考えると、純粋にタンパク質だけを補給したいため、水で飲むようにしましょう。

・プロテインだけはNG
食べ過ぎた翌日の朝食などをプロテインのみにするのはOK・・・と上の方でお伝えしましたが、それは「食べ過ぎて栄養が身体に余っている」ことを想定しているためであって、通常の場合、基本的に食事の代わりにプロテインのみはオススメしません
栄養バランスを考えた食事にすることも大切です。

・あくまで補助
プロテインパウダーはサプリメント(栄養補助食品)ですので、あくまで補助的な意味で考えるようにしましょう。
タンパク質も、プロテインのみから摂るよりも、食品からバランス良く摂る方が他のビタミン、ミネラルなども摂ることができますので、食事で足りない分のタンパク質を補うようなイメージで使用することが望ましいです。

◆とにかくダイエットを失敗したくない方へ。
色々な知識も大切ですが、プロに任せてみるのも一つの手です。
確実に痩せるための方法として一度参考にしてみてください。
【無料で試せる】ダイエットはパーソナルジムを使うのが最強な理由とは!?

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はダイエット中のプロテイン使用について解説いたしました。
筋トレをされている方にとっては当たり前のプロテインですが、実はダイエットにとってもかなり優秀な効果があるとお分かりいただけたと思います。

例えばボディビルダーやフィジーカーの方々も減量中でもプロテインはほとんどの方が利用されています。
なぜなら太りにくくタンパク質を効率よく摂取できるからです!

プロテインを上手く使って、快適なダイエットライフを実現させましょう!!

では、最後までご覧いただきありがとうございました。



この記事を書いた人
moko

JAPD認定ダイエットインストラクター
長年にわたりダイエットの研究を行っているダイエットに特化した専門家。
85kg(肥満) ⇒60kg(ガリガリ) ⇒70kg(筋トレで増量)⇒63kg(バキバキ)
しっかりと食べながら痩せるをモットーに効率良いダイエット方法を発信。
「Mokoのダイエット日記」では自身のダイエット方法を紹介していますので、是非チェックしてください!
Twitterでも活動してますのでフォローお願いします!

mokoをフォローする
食事・カロリー
シェアする
mokoをフォローする
ダイエットの輪

コメント

タイトルとURLをコピーしました