【知識】あなたは大丈夫?ダイエット中に間違いやすい考え方5選

テクニック

ダイエットを始めると色々制限されるじゃない?
美味しいものが食べられなかったり運動を頑張らなきゃならなかったり・・・
それが大変で続かないんだよねー。

確かにある程度の制限が出てくるのは間違いないけど、実は勘違いされていることも多くて、我慢しなくていいことなのに我慢してしまったり・・と正しい知識が行き渡っていないことも事実なんだよね。
今日はその辺を詳しく説明していくね。

【知識】あなたは大丈夫?ダイエット中に間違いやすい考え方5選

本記事の概要

皆様こんにちは、Mokoです。
今回はダイエット中に陥りやすい勘違い、間違いについて5つ紹介していきます。
ダイエット中はどうしても「痩せたい」という思いから偏った考え方になりがちです。
この記事を見ていたくことで、「これはOKなんだ!」と思えるものが一つでもあればダイエットにとってはプラスになると思いますので、是非最後までご覧下さい。

この記事を読むことこんなことが理解できます

・ダイエット中に間違いやすい考え方・思い込み
・ダイエット中に持つべきマインド



ダイエット中に間違いやすい考え方5選

それでは早速5つ紹介していきます。
内容と同時に対策についても解説していきますので、自分が当てはまっていないかをチェックしながらご覧下さい。

1.揚げ物を食べてはいけない

一つ目は「揚げ物を食べてはいけない」という思い込みです。

当然のことながら揚げ物はカロリーが高くて太りそう、身体にも悪そう・・・
というイメージを持たれることが多いと思いますが、結局ダイエットはカロリー収支が全てですので、自分で設定したカロリー内であれば揚げ物を食べても問題ありません

但し、やはり揚げ物といっても、油を吸いやすい野菜などの揚げ物はカロリーが一気に跳ね上がりますので、例えば肉や魚などのタンパク源の揚げ物のみにする・・・など工夫はした方が良いです。

揚げ物が好きな方も多いと思いますが「食べない!」と決めるとそれはストレスになります

食べる内容を考える、カロリーを計算する、頻度を減らすなど無理なく行うことが重要です。

2.お米(白米)を食べてはいけない

次に「お米を食べてはいけない」という思い込みです。

これも非常に多いのですが、恐らくは「糖質制限ダイエット」が流行ったことが要因かと思います。

そもそも、糖質制限ダイエットというのは本来、糖質をカットして脂質を多く取り入れるなど、いくつかの手順を踏むことで、身体のエネルギー源を糖質ではなく体脂肪からエネルギーを作り出す機能(ケトーシス状態)を利用することを目的とするものであって、単純に糖質量を減らすダイエットではありません

また、このダイエット法は「ケトジェニックダイエット」と呼ばれますが、単純に体重を減らすダイエットをされるのであれば、この方法はハードルが高いためお勧めできません。

したがって、単純にカロリー収支を考える所謂「普通のダイエット」をする場合はそもそも糖質を抜く必要性はまったくないのです。

それどころか、糖質を少なくしすぎると、身体のエネルギーは枯渇し、筋肉の分解による代謝低下、食欲増進による過食など、デメリットも多く存在しますので、ダイエット中であってもカロリー計算はしつつお米は食べるようにしてください

3.パンを食べてはいけない

これもよく聞く話ですが、「パンを食べてはいけない」という思い込みです。

これは筆者も本当にそう思っていたのですが、なぜか「パンは太る」という伝説が定説になりつつあります。
でもよく考えてみてください。なぜパンが太るんでしょうか?
糖質源なのに脂質が高いから?マーガリンなどを使っているから?
でもそんなこと言ったら肉類の方がよっぽど脂質高いですよね。

なぜパンは太るといわれ始めたのか調べたところ、グルテンによるものが濃厚と考えられます。
一時期「グルテンフリーダイエット」というものが流行しましたが、このグルテンというのはパンの原料である「小麦」に含まれるタンパク質を指しています。

これがダイエットにとって悪影響を及ぼす・・・と言われたがために「グルテン=ダイエットに不向き」と言われるようになったようですが、本当はそのような科学的根拠はなく、グルテンを取ると身体に悪影響となってしまう病気(セアリック病)や小麦アレルギーの方向けに発案されたのが「グルテンフリー」であり、そういった疾患が無い方は基本的にグルテンを取ったからといって身体に悪影響があったり太ったりする・・・ということは基本的に起こりません

結果的にはパンを食べたから太るというわけではない、ということになります。

但し、高カロリーなパンが存在することも確かですので、菓子パンや惣菜パンなどは食べ過ぎるとカロリーオーバーになりやすいです。
食べるものを選びつつ、上手に取り入れていくようにしましょう。

4.夜の食事は太りやすい

次に「夜の食事は太りやすい」という思い込みです。

よく、夜に食べると太るから糖質を控える・・・などの話を聞きますが、100%間違っているわけではないものの夜食べるから太るというわけではありません

そもそも、食事を取るとまず消化されて体内にエネルギーとして蓄積されます。
そのエネルギーが余剰すると脂肪へ変わっていくのですが、脂肪へ変わるまでには48時間以上かかるといわれています。

したがって、夜食べたからといって、それがすぐ脂肪に変わる・・・という考え方自体に間違いがあるといいうことです。

また、「夜に食事をするとその後寝るだけだから消費されなくてエネルギーが余るのでは?」という考えもありますが、寝てる間にもきちんとカロリーは消費されていますので、その心配はありません

それよりも優先して考えるべきなのは、一日トータルで考えて、例えばトレーニングや運動しない日は食事を控えめにしてエネルギーが余らないようにする・・などを意識していただいた方が遥かに効果的です。

また、睡眠時は胃腸の動きが穏やかになりますので、寝る直前にたくさん食べると消化不良などを起こしやすいので、そういった意味では夜食べ過ぎない方が賢明ではありますね

5.運動しないと痩せない

最後は「運動をしないと痩せない」という思い込みです。

これも本当に多いと感じますが、ダイエットを始める際にまず運動から考える方がたくさん居ます
勿論運動自体は良いことですし、トレーニングをして筋肉を増やしたり、有酸素運動をして消費カロリーを増やすこと自体は決して間違いではありません

ただ、一番大事なのは食事であることを念頭に置く必要があるということです。

ダイエットは食事8割運動2割

これはダイエットの格言的なものですが、これは正に的を得ていて、それくらいダイエットにおいては食事が肝ということなんです。

ダイエットを始められる方の中には運動が苦手な方もたくさんいらっしゃると思います。

「運動をしなくてはいけない」から「運動はしなくても痩せられる」にマインドが変われば始めやすくなると思いませんか?

やはり正しい知識を持って始めることが大切ですね。



ダイエットに必要な3つのマインド

さて、それではダイエットに必要なマインドとはどういったものでしょうか?
共通して言えることは極端にやり過ぎている方が非常に多いということです。

ポイントを三つにまとめました。

・我慢しすぎない
食べたいものを我慢する、食べる量を減らして我慢する、ダイエットで当たり前のように感じるかもしれませんが、それが「長続きしない要因」になります。
食べたいものを食べても他でカロリー調整する、運動で消費するなどポジティブに考えた方が確実に長続きします。

・努力しすぎない
もちろん努力は必要ですし大切ですが、自分のキャパシティを超えた努力をすると結果的に挫折に繋がります。
運動を毎日しなくてはいけない、一日○歩以上歩く・・・などハードルが高い目標を掲げてしまうよりも、一食一食の食事で少しずつ工夫するような方法を考えた方が圧倒的に長続きできます。

・長い目で見る
これは一番大事かもしれませんが、短い期間で考えると、目標達成の為に厳しい制限が必要になること、思ったように結果が出ないことで挫折に繋がりやすいです。
ダイエットもトレーニングもそうですが、身体が変わるのは少しずつですので、長い目で考えてあげることが必要です。
継続することを最優先して考えましょう。

◆本気で痩せたい。痩せたくて焦っている。なにをしても痩せない。
そんな方は一度この記事を読んでみてください。
【無料で試せる】ダイエットはパーソナルジムを使うのが最強な理由とは!?

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はダイエットするときに間違いやすい考え方について5つ紹介しました。

筆者はパンが好物ですが、パンが太ると思い込んでた時期は、一切パンを食べていませんでした。
自分が好きなものを我慢するというのは想像以上にストレスが溜まるもので、我慢した反動で過食に走ってしまいダイエット挫折・・・という目に何度も遭っています。

もし、当てはまるものがあった場合は一度改めて考え直してみると良い方向に向かうかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございました。

家でトレーニングするなら【BodyBoss2.0】

この記事を書いた人
moko

JAPD認定ダイエットインストラクター
長年にわたりダイエットの研究を行っているダイエットに特化した専門家。
85kg(肥満) ⇒60kg(ガリガリ) ⇒70kg(筋トレで増量)⇒63kg(バキバキ)
しっかりと食べながら痩せるをモットーに効率良いダイエット方法を発信。
「Mokoのダイエット日記」では自身のダイエット方法を紹介していますので、是非チェックしてください!
Twitterでも活動してますのでフォローお願いします!

mokoをフォローする
テクニック
シェアする
mokoをフォローする
ダイエットの輪

コメント

タイトルとURLをコピーしました