ダイエットでリバウンドする原因とは?覚えておくべき3つのケース

テクニック

せっかく痩せたのにまたリバウンドしちゃった・・・。
なんでいつもリバウンドしちゃうのかしら。。。

ダイエットで痩せることは出来ても、リバウンドさせないのが難しいんだよね。
理由は色々あるんだけど、今回はその辺を詳しく説明していくね。

ダイエットでリバウンドする原因とは?覚えておくべき3つのケース【これでリバウンドしない】

本記事の概要

恐らくご覧になっている皆さんは、ダイエットされている方が多いのかと思いますが、体重は減らせるけどそれを維持できない・・・という経験したことないですか?
実はリバウンドには様々な原因があります。
本記事では原因と対策について徹底的に解説いたします。

この記事を読むとこんなことが理解できます

・ダイエット後にリバウンドする原因
・リバウンドしないために心がけること
・リバウンドせずにダイエットを成功させる方法

とにかくガチで早く痩せたい!という方はこちらの記事をチェック
【無料で試せる】ダイエットはパーソナルジムを使うのが最強な理由とは!?



リバウンドする3つのケースとは?

それでは早速ですがリバウンドする原因について3つ解説していきます。
恐らくがほとんどこの3つに当てはまると思います。
なお、リバウンドしてしまう原因に対しての対策についても同時に記載していくので是非最後までご覧下さい。

見終わるころにはリバウンドしない方法が理解できていると思います。

1.カロリーを制限しすぎている

まずなんといってもこれが一番多いと思いますが、カロリーを制限しすぎているケースです。

「カロリーを制限しないと痩せないんじゃ?」とお思いの方もいるかもしれませんが、摂取カロリーを減らしすぎると却ってデメリットの方が多いです。

具体的には、摂取カロリーを減らしすぎると以下のことが起こります。

①身体が飢餓状態になる
カロリーを減らしすぎると、身体が飢餓状態となってしまうため、その後に摂った栄養を吸収しやすくなります。
また、摂取カロリーを減らすことにより、自動的に身体が危険と判断され、省エネでも動けるように「ホメオスタシス」という機能が働きます。
結果的に却って痩せる効率が悪くなってしまいます。

②筋肉量が減る
摂取カロリーを減らしすぎると、もちろん脂肪も分解されますが、身体の筋肉も分解にしてエネルギーとして使い出します。
そうすると身体の筋肉がどんどん減ることとなり、代謝するカロリーも減っていき、結果的に痩せにくく太りやすい身体となるわけです。

③我慢の限界が来る
少ない摂取カロリーをずっと続けていると、必ず我慢の限界が来ます。間違いなく来ます。
①②で挙げたとおり、身体が栄養を吸収しやすく、代謝が落ちている状態でたくさん食べるとどうなるでしょうか?
当然太ってしまいますよね。

こうやってリバウンドへ繋がるわけです。

ではこれに対してどのように対策をすべきかについてご説明しますと、以下の点に気をつけることで失敗しなくなるでしょう。

・摂取カロリーは基礎代謝を下回らないように徹底する
・一気に体重を減らそうとせず、徐々に減らすことを心がける
・1ヶ月の体重減少は5%以内に抑える

2.糖質制限をしている

次は糖質を制限したダイエットをしている場合です。
(ケトジェニックを正しく理解して実行されている方は除きます)

糖質を制限すると確かに体重は落ちます。
しかし非常にリバウンドをしやすいのも事実です。
理由について以下にまとめました。

①水分が抜けたことによる体重の減少
まず、糖質を抑えると身体の水分量が減少します。
なので、特にダイエットを始めたばかりの時は、体重ベースで考えると割とスムーズに体重が落ちることが多いです。
しかし、それは体脂肪が減っているわけではないため、食べればすぐに戻ってしまう体重です。

②徐々に体重が減らなくなる
上述にも付随しますが、水分がある程度身体から抜けると、体重は一気に減らなくなります。これは糖質制限に、限らずですが、体脂肪はゆっくりとしか減っていかないためここで挫折してしまうケースも少なくありません。

③一生糖質取らないの?
最後に、糖質制限をしていると、糖質制限が終わって食事を元に戻した場合に反動で糖質を摂りすぎる傾向にあります。
何故なら日本人の主食は糖質だからです。
それを防ぐためには糖質を一生制限するのか・・・?という結論になりますが、そんなの嫌ですよね。

といったように糖質制限もリバウンドするケースが多いです。

それではリバウンドしない対策についてまとめます。

・3大栄養素を極端に削るようなダイエットはしない
・結局「バランスよく」が大事

3.短すぎる期間設定

これも非常に多いのですが、ダイエット期間を短期間で設定しているケースです。

ダイエットをする場合はまず目標を立てると思います。
「○ヶ月後までに○キロ痩せる」などがほとんどかと思いますが、この期間設定を短く考えている方が多いです。

期間が短いとなぜダメなのか、以下に解説していきます。

①短期間で考えると目標の数字も低くなる
まず、短期間で考えるということは当然のことながら大幅な減量というのは難しくなるため、そこそこの数字で設定されることが多いです。
例えば「1ヶ月で3キロダイエット」を目標にした場合、達成できる方は結構多いと思います。
目標を達成したらどうしますか?
恐らくダイエットやめますよね。

②体重減少の内訳
糖質制限の項目でも少し触れましたが、ダイエットの始めたてのころは体重がスムーズに落ちることが多いです。しかしそれはほとんどが水分です。
もちろん体重が3キロ落ちるころには脂肪も減ってきているかとは思いますが、ダイエットしていると身体の筋肉量も落ちますので、水分、筋肉、脂肪が落ちて体重が減っている状態です。

③代謝が落ちている
ダイエットをして体重を落とすと例外なく代謝が落ちます。
つまり消費カロリーが少ない状態となってしまいます。
そこで1ヶ月3キロのダイエットが成功したからといって、たくさん食べてしまうと、落ちた体重のうちほとんどが脂肪以外であること、代謝が落ちて太りやすい状態になっていることから、あっという間に体重が戻ってしまう、というわけです。

以上が短期間での設定がリバウンドしやすい理由となります。

それでは対策について考えていきましょう。

・出来るだけ長期間(最低でも3ヶ月以上)で期間を設定する
・一気に減らしすぎないように心がける(1ヶ月の体重減少は5%以内)



リバウンドしないためのコツ

ここまでで、リバウンドしやすい例についてご理解いただけたかと思いますが、ではどのようにすればリバウンドはしなくなるのでしょうか?

上述の内容も含めて以下にまとめました。

・カロリー摂取量は基礎代謝量を下回らないように設定する
・期間は3ヶ月以上で設定し、1ヶ月の減少体重は5%以下にする
・3大栄養素をバランス良く摂る(高タンパク、中炭水化物、低脂質)
・体重が減らなくなってきても絶対に焦らない
・筋トレを取り入れて代謝を上げる

これがきちんと意識できればリバウンドすることはほぼ無くなります。
また、身体に負荷が掛からないようにもなるので健康的なダイエットが出来るようになります。

ダイエットする前にしっかりと理解しておくことが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はダイエットでリバウンドしてしまう原因と、その対策について解説いたしました。
ダイエットする方の半数はリバウンドしてしまうといわれていますが、今回の記事をしっかり理解していただくことで、リバウンドする可能性をぐっと低めることが出来ると思います。

是非参考にして快適なダイエットライフを送ってくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。



この記事を書いた人
moko

JAPD認定ダイエットインストラクター
長年にわたりダイエットの研究を行っているダイエットに特化した専門家。
85kg(肥満) ⇒60kg(ガリガリ) ⇒70kg(筋トレで増量)⇒63kg(バキバキ)
しっかりと食べながら痩せるをモットーに効率良いダイエット方法を発信。
「Mokoのダイエット日記」では自身のダイエット方法を紹介していますので、是非チェックしてください!
Twitterでも活動してますのでフォローお願いします!

mokoをフォローする
テクニック
シェアする
mokoをフォローする
ダイエットの輪

コメント

タイトルとURLをコピーしました