痩せ菌は嘘?ダイエットと痩せ菌の関係について解説!

ダイエット法

痩せ菌とデブ菌っていうのがあって、痩せ菌が増えればいくら食べても痩せるって聞いたんだけど本当!?

痩せ菌って最近はよく聞くよね。
実は一言で痩せ菌と言っても色々な効果や見解があるから、今日は痩せ菌について詳しく説明していくね。



痩せ菌は嘘?ダイエットと痩せ菌の関係について解説!

痩せ菌は嘘?本当?

痩せ菌は嘘か本当か、についてですが、結論から言うと

本当です。

但し、ここで勘違いしてはいけないのが、よく見る広告のように「痩せ菌を増やせばなにを食べても痩せる」ということは決してありません。

あくまで痩せ菌を増やすことにより、痩せやすい身体になる、ということを目的としたものになります。



痩せ菌とは?

それでは、「痩せ菌」とはいったいどういったものなのでしょうか?

まず、痩せ菌と呼ばれているものは腸内に存在する菌が鍵となります。

腸内に存在する菌には、主に善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類が存在します。

  • 善玉菌 ⇒身体に良い働きをする菌。ビフィズス菌や乳酸菌などを指し、腸内の調子を整える作用がある
  • 悪玉菌 ⇒腸内で有害物質を作り出す。脂質や動物性タンパク質などを餌に増殖し、腸内の環境を悪くする働きがある。
  • 日和見菌 ⇒善玉菌、悪玉菌のどちらにも属さない菌。善玉菌、悪玉菌の多いほうに味方する性質がある

痩せ菌というのはこの善玉菌とそれに共存する日和見菌のことを指します。

痩せ型の人にはこの善玉菌と日和見菌が多く存在しているといわれており、逆に太りやすい体質の人には悪玉菌が多いといわれています。



痩せ菌を増やすには?

では、痩せ菌を増やす為にはどうしたらいいのでしょうか?

鍵になるのは「食物繊維」です。

善玉菌と日和見菌は食物繊維を餌とするため、食物繊維を多く摂ることで、善玉菌、日和見菌を増やすことができます

また、食物繊維を摂ると、善玉菌と日和見菌が「短鎖脂肪酸」を作り出します。この短鎖脂肪酸には悪玉菌の動きを抑える作用があり、更には脂肪を燃焼しやすくしてくれるといわれています。

なお、短鎖脂肪酸が腸の中で増えると、GLP-1(インクレチン)というホルモンが分泌され、食欲を抑えてくれる効果も期待できます

まさにいいこと尽くめですね。



どのような食物繊維を摂るべきか

食物繊維を摂ることでダイエットに有効な効果があるのはお分かりいただけたと思いますが、それではどのような食物繊維が有効なのかを詳しく説明いたします。

まず、食物繊維には「不溶性食物繊維」「水溶性食物繊維」の2種類に分類されます。

その名の通り、水に溶けやすいか否かの違いがあるのですが、痩せ菌を増やすためには水溶性食物繊維を摂ることが有効といわれています

主な水溶性食物繊維が多く含まれているのは以下のような食べ物です。

  • 豆類(インゲン豆、大豆など)
  • 根菜(ごぼう、かぼちゃなど)
  • 海藻類(昆布、わかめ、ひじきなど)
  • 穀物(大麦、オート麦など)

これらの食べ物を取り入れることで効果的に水溶性食物繊維を摂取することができます。

食物繊維以外で痩せ菌を増やせる食べ物

次に水溶性食物繊維以外でも痩せ菌を増やせる食べ物がありますので、いくつか紹介いたします。

1.レジスタントスターチ

米や小麦など主食の代表的なものに含まれている糖質ですが、これらの糖質の中身はほとんどがデンプンとなっています。

このデンプンの中にも消化されにくく、大腸まで届きやすいものがあることが発見されており、これをレジスタントスターチ(難消化性デンプン)と呼びます。

このレジスタントスターチには水溶性食物繊維と同様、短鎖脂肪酸を作り出す効果があるといわれており、米や大麦などにも含まれていますが、「冷えた状態で摂取すること」で効果を発揮するといわれています。

例えば、コンビニのおにぎりやお寿司などを冷えた状態で食べるとレジスタントスターチを効果的といわれています。

2.発酵食品

発酵食品はよくご存知だと思いますが、その名の通り発酵させた食品になります。

納豆や、キムチ、ヨーグルトや味噌など色々ありますが、発酵食品には善玉菌の働きを助け、悪玉菌の活動を抑える作用があるといわれていますので、これらも痩せ菌を増やすのに効果的といわれています。

また、発酵食品に含まれる、身体に良い作用を与えてくれる菌(プロバイオティクス)は食物繊維を餌にする性質があるため、食物繊維もあわせて摂ることで相乗効果が期待できます。

◆更に効率よく痩せたい方はこちらもチェック◆

まとめ

いかがだったでしょうか?

人間の身体は食べるものによって出来ていますので、食べる内容によって大きく結果が異なってきます。

「痩せ菌」と聞くと胡散臭い感じがしますが、身体にとって確実に良い作用をもたらしますので、是非参考にしていただければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。



この記事を書いた人
moko

JAPD認定ダイエットインストラクター
長年にわたりダイエットの研究を行っているダイエットに特化した専門家。
85kg(肥満) ⇒60kg(ガリガリ) ⇒70kg(筋トレで増量)⇒63kg(バキバキ)
しっかりと食べながら痩せるをモットーに効率良いダイエット方法を発信。
「Mokoのダイエット日記」では自身のダイエット方法を紹介していますので、是非チェックしてください!
Twitterでも活動してますのでフォローお願いします!

mokoをフォローする
ダイエット法
シェアする
mokoをフォローする
ダイエットの輪

コメント

タイトルとURLをコピーしました