ダイエット中に空腹を感じたら?失敗しない対処法を大公開

テクニック

こんにちは!
Y子です!

こんにちは!
ダイエットインストラクターのMokoです!

あぁ・・・
お腹減った・・・
ダイエットやめたい・・・

ダイエットしていると空腹が辛いよねー・・・。
でもただ空腹を我慢するだけじゃ逆効果になることもあるって知ってた?

え!?
お腹減ったの我慢して逆効果とかそんなことあるの?
じゃあどうすればいいのよ!

そういう反応になるのも当然だよね。。
じゃあ今日はダイエットで空腹を感じた場合の対処方法について説明してくね。



ダイエット中に空腹を感じたら?失敗しない対処法を大公開

ダイエット中に空腹を感じたら?

ダイエットをしていると、食事量を調整したり、低カロリーな食事にしたりと、空腹になりやすい環境なのは言うまでもないかもしれません。

では、空腹を感じた時にどのようすべきかですが、

「我慢しないこと」

が大切です。

ただ、「我慢しない」というのは「好きなだけ食べてよい」という意味ではなく、極力空腹にならないよう食事をしっかりと取りながら上手にダイエットをする必要がある、という意味です。

それではまず空腹を我慢するデメリットについて詳しく説明していきます。



ダイエット中に空腹を我慢するデメリット

それでは空腹を我慢するとどのようなデメリットがあるのでしょうか?
簡単にまとめました。

・我慢の反動が来る
・筋肉(代謝)が落ちてしまう
・便秘になりやすくなる

詳しく説明していきます。

1.我慢の反動が来る

ダイエット中の空腹を我慢してカロリー摂取を減らし続けていれば確かに体脂肪は減るかもしれません。

ただ、人間の身体は食べたものから出来ているので、食べないことをいつまでも続けることは不可能です。

いつか我慢が限界を迎え、反動で食べてしまってダイエットを挫折してしまう・・・というのはよくあるパターンです。

また、我慢していた分身体が飢餓状態になっていますので、通常より栄養を吸収しやすくなっていることも考えられますので、ダイエット前以上に太ってしまう危険性もあります

2.筋肉(代謝)が落ちてしまう

空腹を我慢していると、当然身体の中のエネルギーが枯渇してしまいます。

そうすると、身体はエネルギーを抽出しようと脂肪と同時に筋肉も分解してしまいます

筋肉が落ちてしまうと、代謝するカロリーが下がってしまうため、食事を少なくしても痩せにくくなり、さらに食事を減らさなくてはならない・・・と悪循環になるのがお分かりいただけると思います

3.便秘になりやすくなる

食事量を少なくしていると、胃腸の働きが悪くなりやすいため、便秘になりやすくなります

更に、脂肪を燃焼させる栄養素である、カルニチンや酵素も不足しやすくなるだけでなく、腸内環境の悪化により痩せにくくなってしまう可能性があります



空腹を感じたときの対処法

では空腹を感じた場合にはどのように対処すればよいのでしょうか?

それは強い空腹を感じた場合は我慢せずに食べることです。

但し、じゃあ間食はなんでも食べていい!となってはそもそもダイエットにならない・・・ため、脂質は勿論、糖質が低いものを選択する必要があります

それでは「これなら食べても太らない」といえる、ダイエット時の間食に食べてもOKなおすすめの食べ物を紹介いたします。

※食べ過ぎには注意が必要です!

ダイエット時の間食にオススメする食べ物

1.0カロリーゼリー

まず一つ目は0キロカロリーのゼリーです。

最近はコンビニでも簡単に手に入るようになりましたが、寒天ゼリーやこんにゃくゼリーの類ですね。

これはその名のとおりカロリーがありませんので食べても太りません

ゼリーなので腹持ちは良くないですが、甘みもありますので、案外空腹感を紛らわせてくれます

2.スープやお吸い物

個人的にはダントツでオススメしたいです。

コンソメスープやお吸い物などはかなり低カロリーとなっていますが、水分量が多いのと、身体が温まることもあり、案外満腹感を得られます

筆者はお茶漬けの素をお湯で溶いてスープ代わりに飲んだりもします。

但し、コーンスープなど糖質が高いものもありますので、栄養素表を見て選ぶようにしましょう

野菜をMotto!!国産厳選野菜スープ

3.きのこ類

次にオススメしたいのが、きのこ類です。

これも筆者はダイエット中必ず食べますが、きのこ類は糖質量がかなり低く、食べても太りにくい食材といえます。

また食物繊維も豊富なため、ダイエット向きの食材といえるでしょう。

※糖質量などは文部科学省の『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』を参照下さい

4.野菜類

野菜類は水分量が多いため、糖質量が少なくても満腹感が得られます

特に、キャベツやレタス、白菜、小松菜などは糖質量が低いだけでなく、食物繊維も豊富に含みますのでオススメです。

※糖質量などは文部科学省の『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』を参照下さい

5.干し貝柱・イカの燻製、するめ

イカ・ホタテは糖質、脂質はほとんどなく、タンパク質が主な栄養素です。

タンパク質源として手軽に食べられる点や、噛みごたえがあるので、空腹感がまぎれやすいのが良い点といえます。

また、コンビニなどで手軽に買えるメリットと言えるでしょう。

但し、ものによっては(味付けなどにより)糖質が含まれるものもありますので、栄養素を確認してから買うようにしましょう。

6.糖質ゼロ麺

これも個人的にはかなりオススメですが、糖質がほとんどゼロの麺です。

食べてみると案外美味しく食べられるだけでなく、満腹感も得られます。食物繊維豊富なのでダイエットには適しているといえるでしょう。

但し、タレ付のものはタレ自体に糖質、脂質が含まれている場合が多いため、自分で味付けなどをした方が尚良いです。

空腹を感じさせないためのコツ

ここまで空腹を感じた場合の対処法について説明してきましたが、そもそもは空腹を感じさせないような食生活をすること大事です。

まずは大前提としてカロリーコントロールをしっかりしつつ、

3食きちんと食べること。

食事は低GI食から食べること

よく噛んで食べること

この3つを意識することが重要となります

低GIの糖質源は玄米・オートミール・さつまいもなどが腹持ちもよくオススメです。

まとめ

今回はダイエット中に空腹になった場合の対処方法を紹介いたしました。

ダイエットには空腹が付き物ですが、正しい知識を付けて失敗しないダイエットをおこなっていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。



この記事を書いた人
moko

JAPD認定ダイエットインストラクター
長年にわたりダイエットの研究を行っているダイエットに特化した専門家。
85kg(肥満) ⇒60kg(ガリガリ) ⇒70kg(筋トレで増量)⇒63kg(バキバキ)
しっかりと食べながら痩せるをモットーに効率良いダイエット方法を発信。
「Mokoのダイエット日記」では自身のダイエット方法を紹介していますので、是非チェックしてください!
Twitterでも活動してますのでフォローお願いします!

mokoをフォローする
テクニック
シェアする
mokoをフォローする
ダイエットの輪

コメント

タイトルとURLをコピーしました