ダイエットが続かない人必見!ダイエットを続けるコツを全て公開!

メンタル

またダイエット挫折しちゃったー!
何回もチャレンジしてるのに全然うまくいかないよー!

Y子ちゃん、今回も失敗しちゃったの??
なにが原因か一緒に考えてみようか。

一生懸命食事を我慢したり、運動したり頑張っていたんだけど、全然結果が出ないから嫌になっちゃった・・・。

なるほどねー。
確かに同じような状況で諦めてしまう人も多いと思うよ。
今回はダイエットを上手に続けられるコツについて説明するね。



ダイエットが続かない5つの理由!

ダイエットをして綺麗な身体になりたい・・・・でも長続きしない・・・そんな悩みを抱えてるあなた!

次に挙げる5つのいずれかに当てはまるのではないでしょうか?

この後、解決策についても詳しく説明していきますので、是非最後までご覧下さい

停滞期で諦めてしまう

ダイエットをしていると、必ずと言っていいほど「停滞期」にぶつかります。

停滞期は、ダイエットを開始してから1ヶ月程度、もしくは体重が5%減少したときに発生するといわれていますが、主な原因としては2つ。1つはダイエット食を続けることで代謝が落ちてしまったということ。もう一つはホメオスタシス(※)により栄養を身体に取り込みやすくなったということが挙げられます。

停滞期が来ると、「努力しているのに結果が出ない」ということに嫌気が差し、そこで断念してしまうケースが多いです。

※ホメオスタシスとは、ダイエットなどにより身体が飢餓状態と判断した場合にそれを正常に戻そうとする機能。栄養素を取り込みやすくなる。

極端な食事制限

ダイエットにはカロリーコントロールは必須ですが、極端に食事を制限されている方が非常に多いです。

極端に食事制限をすると、当然我慢によりストレスが強くなりますし、ダイエットを始めた当初は体重が落ちますが、カロリーを減らしすぎると代謝が減るため、どんどん体重は落ちにくくなります極端な食事制限を長期間続けることはかなり難しいため、結果的にやはり挫折に繋がってしまいます

短期間で考えすぎている

ダイエットはある程度時間がかかるものです。1~2ヶ月で大きく結果が出せるものではありません。

ダイエットを始めた当初はスルスルと体重が落ちることが多いですが、それは食事量を抑えることによって、身体の水分やむくみが取れるからであって、脂肪はそう簡単に落ちてくれません

目先の体重を気にしてダイエットをしていると、変化がないことに嫌気が差してしまい、挫折するきっかけとなってしまいます

明確な目標を定めていない

ダイエットを始める場合、誰しもが「○キロ痩せたい」や「夏までに腹筋を割りたい」など目標を立てるかと思います。

ただ、ダイエットは簡単に成功できるものではないため、なんとなく定めた目標だとダイエットの辛さが上回ってしまい、結果的に欲望に負けてしまうケースがよくあります

有酸素運動を毎日している

ダイエットというと有酸素運動をされる方は非常に多いです。

有酸素運動はカロリー消費、脂肪燃焼の観点から見ると優秀とも思えるのですが、有酸素運動は脂肪を燃焼すると同時に筋肉も分解してしまいます

筋肉量が減ってしまうと、身体の代謝が下がってしまうため、どんどん体重が落ちなくなり、最終的に挫折される方も少なくありません

続けられるダイエットをするには?

上で挙げた「続かない理由」を解決できれば、ダイエットを継続することができますので、一つ一つ詳しく解説していきます。

ダイエットに限らずですが、何事も知識とメンタルが重要です。



停滞期を理解し乗り越える

停滞期というのはほとんどの人が通る道です。逆に言えば停滞期が来たということは成功の道を辿っているということです。

では、具体的に停滞期をどう乗り越えるかですが、

まずは焦らないことです。

停滞期は1ヶ月程度続くとも言われていますが、焦って食事内容を減らしたり増やしたりすると逆効果になる可能性が高いです。停滞期中も体重に変化が現れにくいだけで、実際には身体は少しずつ変化していってますので、少なくとも2週間は様子を見ましょう

それでも体重に変化が見られない場合はチートデイを入れてみてください。(以下参照)代謝が上がりまた体重が落ち始めます

極端な食事制限はしない

ダイエットを始めると頑張って厳しい食事制限をされる方が多くいますが、食事は制限するものではなく管理するものです。

カロリーを極端に減らしたからといって、脂肪が極端に燃焼されるわけではありません

目安としては1ヶ月で5%以内の減量に抑えるのがポイントです。

ちなみに脂肪1キロを燃焼させるのに必要なカロリーは7200Kcalと言われていますので、1日あたりの摂取カロリーが自分の消費カロリーより240Kcal下回るように食事をしていれば1ヶ月で1キロ痩せる計算となります。

短期間の体重推移で判断しない

上で書いた内容にも付随しますが、ダイエットはある程度時間を掛けて体脂肪を減らす必要があります

たまに、2週間で10キロ痩せる!など書かれたダイエット方を目にしますが、断言します。不可能です。それは身体の水分が抜けただけです

なので、目先の体重ばかりを気にするのではなく、少し長い目で見て減らし過ぎないカロリー調整するように心がけていきましょう

しっかりとした目標を定める

目標の立て方についてですが、漠然とした目標ではなく、例えば「ボディメイク系の大会に出ているこの人のような身体になりたい」とか「好きな人に綺麗に見られる為にボディメイクしたい」など、目的を持った具体的な目標があった方が圧倒的に長続きします。

例えば、半年以内5キロ痩せたら1億円あげます!って言われたら、たぶん全員達成しますよね

それだけ人間はモチベーションで結果が変わってくるので、ダイエットを始めるときにしっかりとした目標を立てるようにしましょう

有酸素運動だけでなく筋トレも取り入れる

ダイエットというと有酸素運動をされる方が多いですが、ダイエットには有酸素運動よりも筋トレが効果的です。

筋トレをすることにより、代謝が上げるだけでなく、ダイエットにより失われた筋肉を取り戻すことが出来ます

有酸素運動を取り入れても問題はありませんが、筋トレも取り入れて筋肉量を減らさないよう心がけましょう

まとめ

今回はダイエットを続けられない理由とその対処法について説明させていただきました。

これを意識していただくだけでもダイエットの成功確立が上がると思いますので、是非参考にしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。



この記事を書いた人
moko

JAPD認定ダイエットインストラクター
長年にわたりダイエットの研究を行っているダイエットに特化した専門家。
85kg(肥満) ⇒60kg(ガリガリ) ⇒70kg(筋トレで増量)⇒63kg(バキバキ)
しっかりと食べながら痩せるをモットーに効率良いダイエット方法を発信。
「Mokoのダイエット日記」では自身のダイエット方法を紹介していますので、是非チェックしてください!
Twitterでも活動してますのでフォローお願いします!

mokoをフォローする
メンタル
シェアする
mokoをフォローする
ダイエットの輪

コメント

タイトルとURLをコピーしました