これを食べればダイエットはOK!ダイエットに適した食材を紹介!

食事・カロリー

こんにちは!Y子です。

こんにちは!
ダイエットインストラクターのMokoです!

ダイエットの時にカロリーや、その内訳を気にしなければならないのはなんとなくわかるんだけど、具体的にはなにを食べたらいいの?

それもよくいただく質問だね!
それぞれの食材で栄養素が異なってくるから、お勧めの食材をいくつか紹介するね!

これを食べればダイエットはOK!ダイエットに適した食材を紹介!

ダイエットに適した食材や食べ物

鶏のムネ肉、鶏のささみ

ダイエットといえば思い浮かべる方も多いかと思いますが、まずお勧めとして紹介したいのは鶏のムネ肉鶏のささみです。

手っ取り早く摂取カロリーを減らす方法として、なるべく脂質の低いものを食べるというのが一番簡単な方法かと思います。

この2つの肉には脂質はほとんど含まれず、豊富にタンパク質が含まれるため、ダイエットに最適な食材と言えます。

ただし、鶏のムネ肉の皮には脂質が大量に含まれますので、ダイエット時には皮は外してから調理することをお勧めいたします。

豚のヒレ肉、牛のモモ肉

鶏肉ほどポピュラーではありませんが、実は油の多そうな豚肉、牛肉の中でも部位によっては脂肪があまり含まれないところがあるんです。

豚のヒレ肉は鶏のムネ肉と同じくらい脂質が少ない非常に優秀な食材といえます。「ヒレカツ」でよく耳にする部位ですが、油で揚げてしまっては本末転倒なので・・・ソテーなどで焼いて食べるのがお勧めです。

牛のモモ肉についても豚のヒレ肉同様、脂質がかなり少なく、ステーキやローストビーフにして食べるととてもおいしいです。筆者は牛のモモ肉が一番お勧めです。(単純においしいので・・・)

鯖の缶詰

これは意外かもしれませんが、鯖の缶詰もダイエットにお勧めです。一時期、「鯖缶ダイエット」というのが流行ったりもしましたが、あながち間違いではなく、鯖には良質な成分がたくさん含まれています。

また、鯖(鯖だけではなく青魚全般)には脂質も多く含まれますが、魚の油は肉の油とは違い、身体に悪いものではなく、更にはEPA(エイコサペンタエン酸)というダイエットに有効な栄養素が含まれているため、ダイエット時にも積極的に食べるようにしてください。

ただし、身体に良いとはいえ、脂質のカロリーは肉と同じですので、食べ過ぎるとカロリーオーバーになりやすく、注意が必要です。1日1食程度に抑えるのが良いでしょう。

オートミール

これはあまり馴染みがないかもしれませんが、オートミールもお勧めです。

オートミールというのは、オーツ麦という穀物の一種なのですが、非常に優秀な栄養素となっております。

まず、白米と比べてGI値(血糖値の上がりやすさ)が低いため、食べても脂肪に変わりにくく、食物繊維も豊富に含んでいるため、腸内環境も整えてくれます。

欧米ではポピュラーな食べ物ですが、日本ではまだ認知度が低く、売っている店が少ないところが若干難点ですが、筆者はダイエット時には1日1食必ずオートミールを食べるほどです。

きのこ類全般

しいたけ、えのき、しめじなど、きのこ類はビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

また、食物繊維が豊富であること、更には低カロリーのためかさ増しになって満腹感を得ることができるのも良い点といえるでしょう。

<



ダイエットに適さない食材や食べ物

パン

大好きな方も多いかと思いますが、パンは基本的にダイエットに向かないものが多いです。

機会があれば菓子パンなどの栄養素表記を見ていただきたいと思いますが、砂糖やマーガリンなどが多く使われているものが多いため、自ずとカロリーも高くなっています。

また、パンなどの小麦の加工食品は体内で分解されにくく、体を冷やす性質があるようで、栄養の吸収を悪くして代謝が下がりやすくなるといわれています。

揚げ物

当たり前といえば当たり前ですが、揚げることによってカロリーが爆発的に高くなってしまうこと、更には高温で熱した油は酸化してしまうため、身体にも良いものとはいえません

ダイエット時に揚げ物は極力控えるようにしましょう。

マーガリン、ショートニング

これらは人工的に添加して作られた油となっているため、身体で分解しにくく負担がかかります。また、体に蓄積されやすいので、ダイエット中に控えるようにするのはもちろん、普段の食事でもなるべく避けた方がいいです。

パンに塗るのはバターにしましょう。(カロリーオーバーになるので塗りすぎは注意です)

果物類

果物にはビタミンなどが多く含まれており、ヘルシーなイメージもあると思いますが、実は果物には糖分が多く含まれています。

まったく食べてはいけないということではありませんが、ついつい食べ過ぎてしまいやすい食べ物になるため、糖分を摂りすぎてしまう危険性があるため注意しましょう。

まとめ

今回はダイエットに適した食事、適さない食事について説明させていただきました。意外なものも多かったのではないでしょうか?

ちなみに、「同じ食事ばかり摂らない」ということも重要になってきますので、野菜を適量摂るなど、バランスの良い食事を心がけるようにしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。



この記事を書いた人
moko

JAPD認定ダイエットインストラクター
長年にわたりダイエットの研究を行っているダイエットに特化した専門家。
85kg(肥満) ⇒60kg(ガリガリ) ⇒70kg(筋トレで増量)⇒63kg(バキバキ)
しっかりと食べながら痩せるをモットーに効率良いダイエット方法を発信。
「Mokoのダイエット日記」では自身のダイエット方法を紹介していますので、是非チェックしてください!
Twitterでも活動してますのでフォローお願いします!

mokoをフォローする
食事・カロリー
シェアする
mokoをフォローする
ダイエットの輪

コメント

タイトルとURLをコピーしました